VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その2

f:id:Fireworks:20180824055532j:plain

前回

www.thirdfilerook.jp

6筋からの逆襲

第1図は、前回の第2図①△6七角に対して▲6四歩と突いたところ。

【第1図は11手目▲6四歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v角 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=11 ▲6四歩まで

6七の角は相手にせず、歩を成りにいく狙いです。△6二銀等と受けるのは今度こそ▲7七角で角成りが受からない(飛車が1二に回れない)ので、△6二飛と受ける手が考えられますが。

第1図以下の指し手(その1)
      △6二飛
▲7七角  △2二銀
▲6八飛  (参考1図)

【参考1図は15手目▲6八飛まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角v角 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=15 ▲6八飛まで

△6二飛にも同じく▲7七角と打ちます。角成りを受けるには△2二銀しかありません(△1二飛には▲6三歩成)が、ここで▲6八飛と回れば、前回解説した先手の理想手順通りとなります。

馬を作りあう

したがって、第1図からは△4五角成とするのが後手としては最善だと思いますが、これについては以下のような展開が考えられます。

第1図以下の指し手(その2)
      △4五角成
▲6三角  △5五馬
▲9六角成 △6四馬
▲6八飛  △6五歩
▲7七桂  (第2図)

【第2図は19手目▲7七桂まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v馬 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 馬 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=19 ▲7七桂まで

▲6三角と打つのがうまい手順。△5五馬のところ△8八馬は、▲同銀のあと▲6三歩成が受からず、先手良しでしょう。

第2図はまあまあの勝負でしょうか。以下△6二飛ならば、▲6三歩の叩きの筋を見せながら一気の戦いとなり、そうでないならば駒組み合戦に進む感じでしょうか。いずれにせよ先手も十分戦えそうです。

 

以上で▲8八同飛に対して①△6七角とする変化についての説明を終わります。続いて②△4五角とする変化について説明します。

次回

www.thirdfilerook.jp

目次

www.thirdfilerook.jp