VS右四間かんたん講座 第1章・第4節 戦法フローチャート

f:id:Fireworks:20180824055532j:plain

※この記事は、2003年ごろに書いた記事に加筆修正を加えたものです。

前回

www.thirdfilerook.jp

△6四歩か△6二銀か

VS右四間かんたん講座のフローチャートは以下の通りです。

f:id:Fireworks:20181014214857g:plain

3手目▲6六歩以下、右四間側の指し手は大きく分けて①△6四歩(第1図)と②△6二銀(第2図)に分かれます。

【第1図は4手目△6四歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=4 △6四歩まで
【第2図は4手目△6二銀まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=4 △6二銀まで

なおこの2つの他にも△4二玉などもありますが、いずれはどちらかの変化に落ち着きます。

大抵後手は②△6二銀とすると思いますが、①△6四歩も避けては通れない変化です。

①△6四歩が少ない理由は、「形を決めすぎだから」、ということが一番に考えられます。

すなわち△6四歩と突いてしまうと、以下先手が居飛車だろうが振り飛車だろうが、後手は右四間飛車確定とはいわないまでも6筋から仕掛けることが確定、といっても過言ではないからです。

一方②△6二銀ならば、以下の相手の対応によって、「普通に△8四歩からの居飛車」、「飛車先を保留して△5四歩から△5三銀など」、「△6四歩~△6三銀から右四間」などから選べ、含みを残しながら戦えます。

逆に言えば、①△6四歩は根っからの「右四間LOVE」派の指し手であり、含みなど不必要でとにかく右四間を目指す手となります。

実はこう指してきた相手のほうが、右四間に慣れ親しんだ強敵、と見てよいかもしれません。

4手目△6四歩を第2章で

4手目△6四歩に対しては、無理に三間飛車にする必要もないのですが、ここは三間飛車党の方のためのホームページ。

突っ張って▲7八飛(第3図)と振ります。

【第3図は5手目▲7八飛まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=5 ▲7八飛まで

以下、いきなり△6五歩としてくる変化を、「VS超急戦・いきなり△6五歩型」として第2章の第1~3節で説明します。

一方、いったん△6二飛としてから攻めかかってくる変化を、「VS超急戦・△6二飛型」として第2章の第4節で説明します。

4手目△6二銀を第3章で

戻って、▲6六歩に対する本筋の②△6二銀の変化について、まず互いに囲い合う基本形までの指し方を「VS急戦・基本形までの指し手」として第3章の第1節で説明します。

続いて、有名な好手▲9八角までの指し方を「VS急戦・▲9八角までの指し手」として第3章の第2節で説明し、最後に▲9八角以降の指し方について「VS急戦・▲9八角以下の構想」として第3章の第3節で説明します。

次回

www.thirdfilerook.jp

目次

www.thirdfilerook.jp