石田流VS△1四歩型、切り札はまさかの雁木?

f:id:Fireworks:20170914225011j:plain

間もなく発売、気になる中身は

2018年8月21日に発売することが決まった、「振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型」(村田顕弘六段 著)。

△1四歩に▲1六歩とお付き合いした場合の相振り飛車の展開、△1四歩に構わず直ちに飛車を振った場合の対抗形の展開・・・。

その中身は気になるところです。

そこで、AmazonのKindle版のページを見に行ったところ、衝撃の内容が載っていました。

(画面のキャプチャ画像です)

------------------------------

f:id:Fireworks:20180808214113p:plain

------------------------------

まさかの雁木?!

▲7五歩と突いた後の雁木が成立するのか?

もしくは右辺に囲う右雁木か?

と本気でしばらく考えてしまいました。

種明かし

居飛車党の方、定跡通の方、そして棋書コレクターの方はすぐピンときたことでしょう。

さっそく種明かしをしてしまうと、この【コンテンツ】は、同じく間もなく発売の「新型雁木のすべて」(稲葉陽八段 著)の目次です。

この誤植はKindle版ページだけのようで、紙の書籍版ページ、および将棋情報局の販売ページでは、正しい目次が表示されていました。

なぜこのようなことが起きたのかはわかりません。

余談ですが、この「新型雁木のすべて」には

後手振り飛車模様からの雁木

という章があるため、私も購入予定です。

4手目△4四歩から、居飛車か振り飛車かの態度をしばらく保留したのちの雁木、という戦型の解説のようですが、繊細な手順の機微を覚えたいと思います。

真の目次は

では真の目次はというと、以下の通り。

 

序 章 △1四歩の狙い
第1章 △1四歩に▲1六歩
 第1節 向かい飛車
 第2節 相三間飛車
 第3節 四間飛車
 第4節 主流の△5四歩
 第1章まとめ
第2章 △1四歩に▲6六歩
 第1節 △1五歩型持久戦VS穴熊
 第2節 △1五歩型持久戦VS美濃
 第3節 △1五歩型急戦
 第4節 右四間飛車
 第5節 相振り飛車
 第2章まとめ
第3章 △1四歩に▲7八飛
 第1節 角交換型
 第2節 △1五歩型
 第3章まとめ

 

個人的には、5手目と相振り飛車/対抗形への進展の関係性についてはほぼ想定通りでしたが、想定よりも広く浅く(広く深く?)様々な変化が解説されている印象です。

発売を楽しみに待ちたいと思います。

関連記事

www.thirdfilerook.jp