VS三歩突き捨て型急戦 ハマり形からの大逆転

f:id:Fireworks:20170818060646p:plain

※この記事は、2003年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。

対先手三間の秘策・三歩突き捨て型

(参照サイト:将棋倶楽部24)

www.shogidojo.net

▲o.kantaro七段VS△某六段戦より。

先手三間飛車VS後手三歩突き捨て型急戦(第1図)。

【第1図は30手目△9五歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v王v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ 飛 銀 ・ ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=30 △9五歩まで

「三歩突き捨て型」と聞いてもピンとくる方はほとんどいないと思いますが、1988年発売の名著「三間飛車ガイド」(武者野勝巳七段監修)や「先手三間飛車破り」(青野照市九段著)などに載っている、昭和の代表的な急戦定跡のうちの1つです。

本譜を見ていただければこの急戦の狙いがわかると思います。

明快な仕掛けです。

第1図以下の指し手
▲3七桂  △4二金上
▲4五歩  △7五歩
▲同 歩  △9六歩
▲同 歩  △8六歩
▲同 歩  △9六香
▲同 香  △7六歩(第2図)

【第2図は42手目△7六歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀v金v金v王v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 香 歩v歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 角 ・ ・ 金 桂 歩 ・|七
| ・ ・ 飛 銀 ・ ・ 銀 王 ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=42 △7六歩まで

△4二金▲4五歩の交換は後手にとって余計だったかもしれません。

続く▲4五歩が相当味がよいからです(理由はのちほど)。

さて、7筋から9筋までの歩をポンポン突き捨てていくのがこの急戦の仕掛けです。

そして9筋で強引に歩を手に入れて△7六歩打。

これであっさり後手優勢。

この仕掛けを封じるためには、先手としては第1図で▲3七桂の代わりに▲8八飛もしくは▲5七銀とするべきでした。

こうすれば先手十分の序盤戦です。

例えば▲8八飛のとき後手が仕掛けてくるならば、以下

      △7五歩
▲同 歩  △9六歩
▲同 歩  △8六歩
▲同 歩  △9六香
▲8七飛! (参考1図)

として先手良し。

【参考1図は39手目▲8七飛まで】
後手の持駒:歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v王v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
|v香 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 飛 角 ・ ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 銀 ・ ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=39 ▲8七飛まで

また▲5七銀ならば、本譜のような進行のときに▲5九角と引けるので、端からの仕掛け自体が成立しません。

したがってこの場合、居飛車側としては△6五歩▲6八飛△7三桂という6筋からの仕掛けになりますが、端の2手が無駄になり、振り飛車側の手が進み高美濃が完成しているので、普通の△6五歩急戦に比べて振り飛車十分な戦いとなります。

奇手は通じず

さて本譜の第2図に話を戻すと、後手の攻めはもう決まっています。

第2図以下の指し手
▲9八飛?!△7七歩成
▲同 銀  △6七角
▲9二香成 △8九角成
▲9五飛  △8三飛(第3図)

【第3図は50手目△8三飛まで】
後手の持駒:桂 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| 杏 ・ ・v銀v金v金v王v角 ・|二
| ・v飛 ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| 飛 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 銀 ・ ・ 金 桂 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 王 ・|八
| ・v馬 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩四
手数=50 △8三飛まで

角を見捨てる▲9八飛の奇手(のような一手)ですが、これも定跡の範囲内です。

△6七角が好手で、最後の△8三飛も落ち着いた一手。

後手良しです。

▲9二香成のところ▲9九飛でも、△7八角成▲9二香成△7七馬▲同桂△8六飛で後手良し。

▲9九角でもダメ

戻って第2図から▲9九角も見えますが、以下、

      △8六飛
▲8八飛  △同飛成
▲同 角  △8七飛
▲7九銀  △7七歩成!(参考2図)

で後手良し。

【参考2図は△7七歩成まで】
後手の持駒:歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v銀v金v金v王v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 香 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・v飛vと ・ ・ 金 桂 歩 ・|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ 銀 王 ・|八
| ・ 桂 銀 ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 香 歩三 
手数=50 △7七歩成まで

参考2図以下、▲同角にはもちろん△8九飛成、▲同桂には△7六歩でも△7八歩でも後手良しでしょう。

大逆転

さて本譜、第3図では角損となっており先手必敗形ですが、強い人はここからが違い、逆転してしまいます(相手も六段で十分強いはずなんですけど)。

第3図以下の指し手
▲8一成香 △7八馬?
▲9二飛成 △6三飛
▲7六銀  △6六角
▲4六桂! △7七馬
▲6七歩!!△3三角
▲8五銀  △6七馬
▲7四銀 (第4図)

【第4図は63手目▲7四銀まで】
後手の持駒:桂 歩二 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 杏 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| 龍 ・ ・v銀v金v金v王 ・ ・|二
| ・ ・ ・v飛v銀v歩v角v歩 ・|三
| ・ ・ 銀v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ 歩 ・ ・ 歩 桂 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・v馬 ・ 金 桂 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 王 ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=63 ▲7四銀まで

△7八馬が大悪手。

単に△8一同飛▲9二飛成△5一飛とでもしておけばよかったでしょう。

本譜は成香を取り損ねた挙句、飛車を6三に移動させられ、逃げられた先手の左銀に目標にされてしまいました。

さて、はじめの方で述べた▲4五歩の効果が、▲4六桂打に顕著に表れており、のちの▲3四桂跳ねがすこぶるきびしい一手となります。

そして続く▲6七歩が、それほど難しい手ではないですが本局最重要の一手。

銀取りにあわてていては見えません。

銀が7六にいる今しかできないぴったりの好手です。

6六の攻防の角を追い返しつつ相手玉を窮屈にさせたこの一手は、攻防の駆け引き上、 4手分くらいの絶大な効果があります。

第4図となっては駒損の解消(飛車を取りたいタイミングで間違いなく取れる)が見込める上、玉の堅さ・攻めのスピード(▲4六桂の脅威が絶大)ともに先手十分。

大逆転です。

恐るべし、o.kantaro七段。