猫だまし戦法講座 第3章・第4節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 △8五歩保留型

f:id:Fireworks:20171118225453j:plain

前回

www.thirdfilerook.jp

△8五歩を保留してきた場合

△8五飛車先保留型とは、第3章第1節その2で述べたように、初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉のところで△8五歩と突いてこない形のことです。

この場合、振り飛車側の指し手の自由度が格段に上がります。

例えば△8五歩の代わりに△6二銀(第1図)の場合について、一例を紹介します。

【第1図は6手目△6二銀まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=6 △6二銀まで

第1図以下の指し手
▲7六歩  △4二玉
▲6八銀  △3二玉
▲7七角  (第2図)

【第2図は11手目▲7七角まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v王v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 銀 ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=11 ▲7七角まで

お好みの角交換三間飛車へ(ノーマル三間飛車も可)

第2図までの応酬はあくまで一例です。

言いたいのは、振り飛車側は角道も止めず、かつ角を▲7七角と上がるという変わった戦い方もできる、ということです。

相手が角交換をしてくれば、今流行りの角交換型振り飛車に持ち込めます。

もちろん早々に角道を止め、ノーマル三間飛車にすることもできます。

振り飛車側にとってなんの不満もありません。

 

以上で、第3章「対2手目△3四歩・VS居飛車型」の説明を終わります。

次回からは、第4章「対2手目△3四歩・相振り飛車型」に入ります。

次回

www.thirdfilerook.jp

目次

www.thirdfilerook.jp