猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)&角交換三間飛車&奇襲戦法のひとくちメモ

初手▲7八飛や2手目△3二飛、うっかり三間飛車などで相手の意表を突くべし!

将棋ウォーズの戦法コレクションに菅井流三間飛車とトマホークが追加

派手な演出でおなじみの将棋アプリ、「将棋ウォーズ」。決められた囲いや戦法の布陣を築いたり、手筋を放ったりすると、エフェクトが発動し、局後に「コレクション」としてマイページに追加されるのも楽しみのひとつです。最近、そのうちの「新戦法コレクシ…

奇襲戦法の基礎知識 ▲7七飛戦法とは

「▲7七飛戦法」とは、先手三間飛車に対して後手が真っ先に飛車先の歩を伸ばしてきたときに、▲7七飛と浮いて飛車先を受ける戦術です。門倉啓太五段は「無理やり早石田」と名付けています。狙いは、一手損してでも石田流に組むことです。

猫だまし戦法講座 あとがき 後手番猫だまし戦法は成立するのか?

※この記事は、2004年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。2018年現在では当たり前の後手番猫だまし戦法(2手目△3二飛戦法)ですが、2004年当時は「ありえない戦法」と考えられていました。今の認識で読むと、当時書いた文章はおかしな内容になってい…

猫だまし戦法講座 第4章・第5節 対2手目△3四歩・VS向かい飛車型 その3

「読みの技法」は、優越の判断が難しい25のテーマ局面を用いて、羽生善治・佐藤康光・森内俊之という大先生方が、そこからの読み筋・構想を披露するという形式で編集された棋書です。第1図は、本棋書のテーマ2図。前回の第5図とは先後も形も若干違いま…

猫だまし戦法講座 第4章・第5節 対2手目△3四歩・VS向かい飛車型 その2

前回の第4図から、後手が△2五歩と突いてむかえた第1図。5筋の位を取ります。一見伸びすぎで、△5四歩から位を奪回されそうですが、8八にいる角の支えがあるので大丈夫です。ここでひとつのポイントが、先手の飛車の位置。もし▲7六飛という浮き飛車の形…

猫だまし戦法講座 第4章・第5節 対2手目△3四歩・VS向かい飛車型 その1

※この記事は、2004年に書いた記事に、大幅に加筆修正を加えたものです。 前回 www.thirdfilerook.jp 人気の相振り向かい飛車 相振り飛車戦において、最近(2004年記)は向かい飛車が特に優秀な戦法として取り上げられることが多いようです。 それに呼応する…

猫だまし戦法講座 第4章・第4節 対2手目△3四歩・VS陽動居飛車型 その3

第67期王将戦七番勝負第5局・▲久保利明王将 対 △豊島将之八段戦で、後手の早めの△3五歩をとがめにいった相振り飛車戦が現れました。この将棋は初手▲7八飛ではなく、3手目▲6八飛からの角道オープン四間飛車の出だしではありますが、△3五歩をとがめにい…

三間飛車戦法とは

「三間飛車戦法」とは、飛車を居飛車の位置から左辺に振って戦う振り飛車戦法のうちのひとつです。先手なら7筋、後手なら3筋に飛車を振ります。数字が小さいほうがわかりやすいからでしょうか、「七間飛車」とは呼ばれず、後手番のときの筋をとって「三間…

佐藤康光九段、2手目△3二飛からの相穴熊で糸谷哲郎八段に快勝 竜王戦

第31期竜王戦1組出場者決定戦、▲糸谷哲郎八段 対 △佐藤康光九段戦。本局に勝った方が竜王戦1組5位として決勝トーナメントに進出できる、非常に重要な一局です。この一局で後手・佐藤九段が採用したのは、大胆にも2手目△3二飛戦法(後手番猫だまし戦法)…

猫だまし戦法講座 第4章・第4節 対2手目△3四歩・VS陽動居飛車型 その2

前回の第2図から△6二銀としてむかえた本節第1図。この△6二銀のところ、△4二玉や角交換が入っても、先手の狙いは同様です。△3五歩をとがめにいきます。それは、具体的には3五の歩のタダ取りを狙うことです。

【2018年6月版】奇襲戦法&特殊な三間飛車&三間飛車破りの棋書、定跡書まとめ

鬼殺しをはじめとする奇襲三間飛車、2手目△3二飛戦法などの特殊な三間飛車、そして三間飛車破り(石田流破り、奇襲戦法破りも含みます)の棋書、定跡書をまとめました。2000年以降発売の棋書を対象として、奇襲三間飛車/特殊な三間飛車/三間飛車破りごと…

猫だまし戦法講座 第4章・第4節 対2手目△3四歩・VS陽動居飛車型 その1

第4節では、陽動居飛車型を説明します。先手の5手目▲2八銀を見て、後手△8四歩(第1図)。後手としては相当△8四歩は指しにくいはずです。なぜなら一手前の△3五歩で「相振りにしよう」と決意しているわけですから。

プロ棋界で三間飛車が流行中

2ヶ月前に、三間飛車流行の兆候を取り上げた記事を書きました。疑心暗鬼でしたが、実際に流行しているようです。三間飛車流行を表しているコンテンツを3つ紹介します。

菅井竜也王位、4手目△3二飛戦法で行方尚史八段に快勝 王座戦

第66期王座戦挑戦者決定トーナメント、▲行方尚史八段 対 △菅井竜也王位戦。菅井王位にとって2018年度第1局目となる本局で、菅井王位はまさかの4手目△3二飛戦法を採用しました(第1図)。第1図を見てわかる通り、4手目△3二飛には▲2二角成△同飛▲6五角…

WCSC28 振り飛車党・HoneyWaffle、三間飛車を多用し8位に【決勝編】

本記事では、決勝リーグにおけるHoneyWaffleの対局を振り返ります。二次予選では、対戦相手の角頭歩戦法や居飛車誘導作戦などの変化球がありましたが、決勝リーグでは結果的にすべて真っ向勝負といえる序盤戦でした。

WCSC28 振り飛車党・HoneyWaffle、三間飛車を多用し8位に【二次予選編】

第28回世界コンピュータ将棋選手権にて、初出場のHefeweizenが並み居る強豪を押し退け優勝しました。Hefeweizenをはじめ、ほとんど全てのコンピュータ将棋ソフトが居飛車党でした。一方で、振り飛車にこだわり続けたソフトがあります。それがHoneyWaffleです…

奇襲戦法の基礎知識 新鬼殺し戦法とは

新鬼殺し戦法とは、鬼殺し戦法のような奇襲を仕掛ける突撃力を持ちながらも、仕掛けずに駒組みを進める展開に持ち込むこともできる、「進化した鬼殺し戦法」とも言える戦法です。奇襲を仕掛けるというよりも、誘いの隙を見せて相手をハメる要素の方が大きい…

猫だまし戦法講座 第4章・第3節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 本編 その2

5手目▲2八銀(第1図)ですが、これは言わずと知れた金無双への第一歩。玉頭攻め対策はこの1手で万全で、憂いなしとなります。第1図以下△3二飛に対しては、▲7六歩とさっさと突いてしまいましょう。

猫だまし戦法講座 第4章・第3節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 本編 その1

本編では、まず初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△3五歩に対する5手目について考えていきます。先手は▲7六歩と突くことができない(角交換から△4五角と打たれる)ため、2七か6七の地点をケアする意味で、①▲3八玉、②▲2八銀、③▲5八金の3つが有力手とし…

角交換三間飛車の基礎知識 うっかり三間飛車とは

うっかり三間飛車とは、菅井竜也七段(当時)が2017年に披露した新手・新構想です。第58期王位戦七番勝負、羽生善治王位 対 菅井七段戦で3局も現れたことで、一躍注目戦法となりました(第1局、第3局が後手番、第2局が先手番うっかり三間飛車)。

猫だまし戦法講座 第4章・第2節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 序盤の注意点 その2

参考4図以下、先手は△8四飛から△8七飛成の狙いを前もって受けねばなりません。防ぎ方は、前回述べたように①▲8六歩か②▲7七角しかありませんが、どちらも芳しくないと思います。

猫だまし戦法講座 第4章・第2節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 序盤の注意点 その1

第1図は、後手が相三間飛車を目指して△3五歩と突いてきたところです。猫だまし戦法に対して、相手が振り飛車党の方の場合、相三間飛車にしてくることが多いように思います。また、第1章・第2節の実践例のように、初手▲7八飛の挑発に怒った居飛車党がこ…

猫だまし戦法講座 第4章・第1節 対2手目△3四歩・相振り飛車型 概要説明

第4章では、第3章第1節の概要説明でも述べたように、初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉に対し△3五歩または△3三角として、相振り飛車となる展開について説明します。具体的には、「相三間飛車型」(第1図)、「VS陽動居飛車型」(第2図)、△3三角からの…

奇襲戦法の基礎知識 鬼殺し戦法とは

鬼殺し戦法とは、将棋の奇襲戦法のひとつです。意外性のある派手な手順と決まったときの破壊力は「奇襲」の名にふさわしく、戦法のネーミングの良さと相まって、最も有名な奇襲戦法なのではないでしょうか。

猫だまし戦法講座 第3章・第4節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 △8五歩保留型

△8五飛車先保留型とは、第3章第1節その2で述べたように、初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉のところで△8五歩と突いてこない形のことです。この場合、振り飛車側の指し手の自由度が格段に上がります。例えば△8五歩の代わりに△6二銀(第1図…

猫だまし戦法講座 第3章・第3節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲8八飛の変化 その2

前回の第2図から③△3三角(今回第1図)としてきた場合について説明します。これに対し▲6六角と合わせるのは、△同角▲同歩から△8八角と打たれると案外難しい気がします。▲7七角の合わせでも同様です。そこで、▲6六歩と突いて受けられるのが▲6八飛型の利…

猫だまし戦法講座 第3章・第3節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲8八飛の変化 その1

本節では、前々節第3図から▲8八飛(本節第1図)とした場合について説明します。この飛車ぶつけのほうが、前節で説明した▲7七角よりも勝ると私は考えています。これに対し、△8八同飛成とした場合については本節の最後に述べます。本譜は、後手が△8七歩…

【2017年12月版】将棋ウォーズの三間飛車党トップ3まとめ

スマートフォン、タブレット、PCブラウザなどから、1日3局まで無料で手軽に対局を楽しめる将棋アプリ、将棋ウォーズ。各個人で一番の得意囲いと得意戦法は、マイページから確認することができます。また、将棋ウォーズ全体での囲い別、戦法別の獲得段位ラ…

猫だまし戦法講座 第3章・第2節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲7七角の変化

本節では、前節第3図から▲7七角(本節第1図)とした場合について解説します。▲7七角に対し、後手は2二の銀を守る△8二飛の一手。続いて▲8四歩と垂らして歩成を狙います。△3三桂のところは△3三銀もありますが、▲3三角成から▲8三銀と攻めてくる筋が…

永世七冠達成記念 羽生善治永世竜王の三間飛車

第30期竜王戦第5局、羽生善治棋聖 対 渡辺明竜王戦は、先手・羽生棋聖の勝利。通算成績を4勝1敗とし、竜王位を奪取して永世竜王の資格を獲得、さらには永世七冠を達成しました。戦型は角換わりだったため、本サイトでの紹介は割愛します。代わりに、永世…