「必勝 三間飛車破り」2019年1月発売 居飛穴とエルモ囲い急戦を解説

2019年1月に、三間飛車対策の棋書「必勝 三間飛車破り」が発売されることがわかりました。著者は畠山鎮七段。最近初タイトルを獲得した斎藤慎太郎王座の師匠としてもおなじみです。

VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その5

第1図からは、飛車取りを避ける▲7七角(前回解説)のほかに、5七の地点のほうを受ける▲6八金、▲5八金右、▲4八金のような手が考えられます。一例として、私が最も有力だと思っている▲6八金の変化を以下に示します。

【2018年12月版】将棋ウォーズの三間飛車党トップ3まとめ

将棋ファンにおなじみの対局アプリ、将棋ウォーズ。決められた囲いや戦法の布陣を築いたり、手筋を放ったりすると、エフェクトが発動し、局後に「コレクション」としてマイページに追加されます。また、囲いや戦法毎にランキングが付けられています。この記…

「下町流三間飛車―居飛穴攻略の新研究」2019年1月復刊

今月、新著「攻めて勝つ!三間飛車の心得」をリリースする、三間飛車党のレジェンド・小倉久史七段。この絶妙のタイミングで、小倉七段が2006年にリリースした「下町流三間飛車―居飛穴攻略の新研究 (振り飛車の真髄)」が復刊されることがわかりました。

スポーツ報知に山本博志四段のインタビュー記事

スポーツ報知のWebサイトに、山本博志四段のインタビュー記事が掲載されました。四段昇段直後を除き、プロ公式戦デビューを果たしていない新四段が取り上げられるのは比較的珍しいのではないでしょうか。

VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その4

第1図は、▲8八同飛に対して③△6六角とした局面。この手は、飛車取りの△8八角成と、△5七角成の2つを狙っています。まず△6六角に対し▲7七角と合わせた場合について説明します。

丸山忠久九段の後手番石田流穴熊

2009年11月に行われた第3回朝日杯オープン戦二次予選・▲島朗九段VS△丸山忠久九段戦より。初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛という駆け引きの末、先手・島九段の居飛車+左美濃 対 後手・丸山九段の角道オープン石田流+振り飛車穴熊の戦いとなりました。

【12月12日更新:セール終了】冬のKindle棋書セール中

AmazonのKindleストアで冬のKindle本セールが行われており、対象タイトルが最大70%OFFとなっています。将棋の棋書も多数含まれています。12月11日23時59分まで開催中です。本記事では、割引となっている三間飛車関連Kindle本を、以下の順で紹介していきます。

VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その3

第1図は、▲8八同飛に対して②△4五角とした局面。この手は、2七と6七への角成りを見せつつ6三の地点もあらかじめ守っている、「一石三鳥」の手といえます。が、先手はここでもごう慢に▲6四歩と突くのがよいと思います。

将棋情報局Twitter、佐藤康光九段の2手目△3二飛からの新手登場局を無料公開

棋界ニュースや棋書の紹介など、価値の高い情報をつぶやき続けている将棋情報局編集部Twitter。発売前の棋書をチラ見せしてくれたりもします。その将棋情報局編集部Twitterが、佐藤康光九段が2手目△3二飛戦法からの4手目△4二銀の新手を披露した一局を特…

o.kantaro七段の居飛車穴熊退治

将棋倶楽部24で最強クラスの棋力を誇る三間飛車党・o.kantaro七段(2003年時点)。その対局の一部を2局紹介します。▲o.kantaro七段VS△某六段戦より。三間飛車銀冠VS居飛車穴熊。常人では、▲4五歩を急いでしまうところですが。

安用寺六段、ノーマル三間で阿部健七段のelmo囲い急戦に快勝 順位戦

今年度、NHK杯戦で八代弥六段に角交換四間飛車で勝利し、続く広瀬章人八段にトマホークで奮闘(惜しくも敗戦)したり、王位戦予選で斎藤慎太郎七段(当時。現王座)に角交換四間飛車で勝利したりと、個人的に注目している安用寺孝介六段。そんな安用寺六段が…

VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その2

第1図は、前回の第2図①△6七角に対して▲6四歩と突いたところ。6七の角は相手にせず、歩を成りにいく狙いです。△6二銀等と受けるのは今度こそ▲7七角で角成りが受からない(飛車が1二に回れない)ので、△6二飛と受ける手が考えられますが。

角交換三間飛車の基礎知識 2手目△3二飛戦法とは

「2手目△3二飛戦法」とは、初手▲7六歩に対し2手目△3二飛として、後手番で手損せず石田流に組んだり、角道オープンのまま進めて先手の駒組みをけん制したりする狙いを持った三間飛車戦法です。初手▲7八飛戦法が猫だまし戦法と呼ばれるのと同様、2手目△…

VS▲4六銀型居飛車穴熊

▲adomaiyabega六段VS△某六段戦より。後手陣は、△6五歩の一手がちょっと余計に見えます。玉の移動が一手遅れた感じです。

「攻めて勝つ!三間飛車の心得」2018年12月発売 売上1位獲得

来月(2018年12月)、マイナビから三間飛車の新著がリリースされることがわかりました。タイトルは「攻めて勝つ!三間飛車の心得」。著者は、下町流三間飛車でおなじみの小倉久史七段です。棋書紹介の冒頭に書かれている「I LOVE 三間飛車!」のキャッチコピ…

VS右四間かんたん講座 第2章・第2節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同飛型 その1

この第2節では、初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩△6四歩▲7八飛△6五歩(「いきなり△6五歩型」)▲同歩△8八角成に、▲同飛とした形について説明します。結論から言うと、この▲8八同飛よりも次の第3節で説明する▲8八同銀のほうが勝ります。ですが、▲8八同…

里見香奈女流王将、猫だまし戦法で連勝し防衛 女流王将戦

2018年10月に行われた第40期霧島酒造杯女流王将戦三番勝負にて、里見香奈女流王将(四冠)が猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法&2手目△3二飛戦法)を連続採用して加藤桃子奨励会初段に勝利し、女流王将位を防衛しました。

【2018年11月版】相振り三間飛車の棋書、定跡書まとめ

相振り飛車の棋書、定跡書のうち、三間飛車(石田流)の解説が多いものをまとめました。中立の目線か、三間飛車持ちの目線の棋書にしぼっています。2000年以降発売の棋書を対象として、新しいものから順に載せています。

石田流▲7七角型VS棒金 角交換拒否型

角交換しやすい、さばきが狙いの▲7七角型石田流。定跡形ではありませんが、経験値を積めば自分だけの裏定跡ができあがるでしょう。▲7七角型には、角交換を避けてくる棒金党が多いかもしれません。そんな実戦例を2局紹介します。

【目次】VS右四間かんたん講座

このページは、VS右四間かんたん講座の全記事へのリンクを一覧表示した、目次ページです。この目次へは、PCブラウザなどの大画面ではサイドバー、スマートフォンなどの小画面では画面下の方にあるリンクから、いつでもアクセスすることができます。

VS右四間かんたん講座 第2章・第1節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲6八飛型

第2章では、初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩△6四歩▲7八飛とした形について解説していきます。第1図から△6五歩といきなり仕掛けた形が「いきなり△6五歩型」です。

佐藤和俊六段の三間飛車藤井システム自戦解説、将棋連盟ライブ中継に掲載

注目の対局がほぼ毎日ライブ中継されている、将棋連盟ライブ中継アプリ。休日や祝日で対局がない日は、過去の対局が「好局振り返り」として対局者やプロ棋士の解説インタビュー付きで掲載されます。この将棋連盟ライブ中継アプリで、2018年10月14日に好局振…

VS右四間かんたん講座 第1章・第4節 戦法フローチャート

VS右四間かんたん講座のフローチャートは以下の通りです。3手目▲6六歩以下、右四間側の指し手は大きく分けて①△6四歩と②△6二銀に分かれます。なおこの2つの他にも△4二玉などもありますが、いずれはどちらかの変化に落ち着きます。

久保王将VS羽生竜王の順位戦観戦記、朝日新聞デジタルにて連載中

現在朝日新聞デジタルにて、先月行われた第77期A級順位戦、▲久保利明王将 対 △羽生善治竜王戦の観戦記が連載されています。先手となった久保王将がノーマル三間飛車▲6七銀型を採用し、対する後手・羽生竜王が△6五歩早仕掛けを採用した一局です。

【10月26日更新:セール終了】Kindle6周年記念 棋書セール中

Kindleがサービス6周年を迎え、AmazonのKindleストアで「Kindle6周年記念キャンペーン」が行われており、対象タイトルが50%OFF以上となっています。将棋の棋書も多数含まれています。今回、ついに「三間飛車新時代」と「菅井ノート 相振り編」がセール対象…

VS右四間かんたん講座 第1章・第3節 2手目と3手目

初手▲7六歩に対する後手の2手目は、△3四歩が本筋となります。ここで△8四歩は、右四間を目指すならば一手パスに近い手となります。8筋から攻めないのに、この歩を突いても実質価値がないからです。

将棋ウォーズの戦法コレクションに菅井流三間飛車とトマホークが追加

派手な演出でおなじみの将棋アプリ、「将棋ウォーズ」。決められた囲いや戦法の布陣を築いたり、手筋を放ったりすると、エフェクトが発動し、局後に「コレクション」としてマイページに追加されるのも楽しみのひとつです。最近、そのうちの「新戦法コレクシ…

VS急戦の基礎知識 ▲4五歩早仕掛けとは

「▲4五歩早仕掛け」とは、先手居飛車VS後手三間飛車で、▲7九銀型船囲いから右桂を跳ねる前に▲4五歩と仕掛けていく急戦定跡です。定跡書により呼び方は様々ですが、本ブログでは「三間飛車道場〈第3巻〉急戦」での呼び方である「▲4五歩早仕掛け」にあわせ…

VS右四間かんたん講座 第1章・第2節 先手右四間飛車には

この「VS右四間かんたん講座」では、ノーマル三間飛車側が先手番のときについて解説していきます。なぜなら、先手右四間に対して後手三間飛車を狙うと、三間飛車不利となってしまうからです。