VS右四間かんたん講座 第2章・第4節 VS超急戦 △6二飛型 その3

第1図は、前々回の第2図から②△6二飛と引いた局面。この手は、後の▲7七桂や▲5六角の当たりを避けたり、後々▲7七角と打たれてもあらかじめ2二の銀にひもが付いている、といった効果があります。

「次の一手で覚える 三間飛車定跡コレクション414」2019年3月発売

先日、初手▲7八飛戦法の棋書が2019年3月に発売になることを紹介しました。うれしいニュースでしたが、驚いたことに、同じく2019年3月に三間飛車の棋書がもう一冊発売になることがわかりました。それが「次の一手で覚える 三間飛車定跡コレクション414」です…

Hefeweizenの三間飛車(4)光速のelmo囲い崩し

5月に行われる第29回世界コンピュータ将棋選手権(WCSC29)に、HefeweizenはKristallweizenと改名して出場することになったようです。しかし将棋倶楽部24にはHefeweizenの名で今でも元気に(?)参戦中。本局は2018年11月に行われた▲某七段との一戦です。

VS右四間かんたん講座 第2章・第4節 VS超急戦 △6二飛型 その2

それではまず、前回の第2図から①△6六歩と押さえ込みにこられた場合の対策について説明します。気を付けなければならないのは、△6六歩と打たれたタイミングで▲7七角と上がるべき、ということ。そうしないと、△8五飛と回られて面倒なことになります。

全三間飛車党必読「振り飛車の新機軸!初手▲7八飛戦法」2019年3月発売

2019年3月に、初手▲7八飛戦法の棋書が発売になることがわかりました。著者は、プロ棋界での先駆者、門倉啓太五段です。過去に将棋世界2013年10月号の別冊付録としてリリースされたことはありましたが、フルサイズの単行本としては史上初となります。