佐藤和俊六段の三間飛車藤井システム自戦解説、将棋連盟ライブ中継に掲載

注目の対局がほぼ毎日ライブ中継されている、将棋連盟ライブ中継アプリ。休日や祝日で対局がない日は、過去の対局が「好局振り返り」として対局者やプロ棋士の解説インタビュー付きで掲載されます。この将棋連盟ライブ中継アプリで、2018年10月14日に好局振…

VS右四間かんたん講座 第1章・第4節 戦法フローチャート

VS右四間かんたん講座のフローチャートは以下の通りです。3手目▲6六歩以下、右四間側の指し手は大きく分けて①△6四歩と②△6二銀に分かれます。なおこの2つの他にも△4二玉などもありますが、いずれはどちらかの変化に落ち着きます。

久保王将VS羽生竜王の順位戦観戦記、朝日新聞デジタルにて連載中

現在朝日新聞デジタルにて、先月行われた第77期A級順位戦、▲久保利明王将 対 △羽生善治竜王戦の観戦記が連載されています。先手となった久保王将がノーマル三間飛車▲6七銀型を採用し、対する後手・羽生竜王が△6五歩早仕掛けを採用した一局です。

【10月25日まで】Kindle6周年記念 棋書セール中

Kindleがサービス6周年を迎え、AmazonのKindleストアで「Kindle6周年記念キャンペーン」が行われており、対象タイトルが50%OFF以上となっています。将棋の棋書も多数含まれています。今回、ついに「三間飛車新時代」と「菅井ノート 相振り編」がセール対象…

VS右四間かんたん講座 第1章・第3節 2手目と3手目

初手▲7六歩に対する後手の2手目は、△3四歩が本筋となります。ここで△8四歩は、右四間を目指すならば一手パスに近い手となります。8筋から攻めないのに、この歩を突いても実質価値がないからです。