奇襲戦法の基礎知識 早石田とは

シェアする

f:id:Fireworks:20170917063833p:plain

玉を上がってから▲7四歩

早石田(はやいしだ)とは、石田流のオープニングから▲4八玉と上がった直後に▲7四歩(第1図)と速攻を仕掛けていく戦法です。

【第1図は9手目▲7四歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ 王 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=9 ▲7四歩まで

意外性、決まったときの破壊力、そして相手に正しく応対されると不利になるという特徴から、奇襲戦法に分類されています。

なお、▲7四歩と仕掛けず▲3八玉と無難に玉を囲いに行けば、「升田式石田流」となります。

参考記事

www.thirdfilerook.jp

成功例

▲7四歩に対し、普通に△同歩と取ると先手良しになります。

一例は以下の通り。

第1図以下の指し手
      △7四同歩
▲2二角成 △同 銀
▲5五角  △7三銀
▲7四飛  (第2図)

【第2図は15手目▲7四飛まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩 ・v銀v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 王 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=15 ▲7四飛まで

第2図以下、△7四同銀だと▲8二角成でわかりやすく先手良し。

△6四角が最善手で、以下双方最善を尽くせば先手やや良し、と言われています。

単に▲7四同飛でも優勢

また、戻って第1図以下△7四同歩に対し、単に▲同飛でも先手良しと言われており、久保利明王将は著書「久保の石田流」の中でこちらを推奨しています。

最近の定跡書では、「これで万全! 奇襲破り事典」(本間博六段 著)の中でもこの▲7四同飛の変化が解説されています。

後手の正しい受け方

それでは第1図での後手の正しい受け方は何かというと、△7二金(第3図)です。

【第3図は10手目△7二金まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛v金v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ 王 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=10 △7二金まで

このように金銀を並べて手堅くがっちり受け止めれば、先手からは暴れようがない、というのが後手の主張です。

第3図以下▲7三歩成には△同銀▲7四歩△6四銀で問題ありません。

進化する定跡

以上のように、早石田の仕掛けは無理筋というのが通説となっていましたが、2009年2月、第34期棋王戦5番勝負第2局の大舞台で、佐藤康光棋王(当時)に挑戦した久保利明八段(当時)が第3図で新手を披露しました。

これについては別の記事で紹介したいと思います。

関連記事

www.thirdfilerook.jp