猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その4

シェアする

f:id:Fireworks:20170818061431j:plain

対 持久戦

前回の続きです。

www.thirdfilerook.jp

前回までの解説により、新鬼殺し戦法に対して後手が真っ先に攻めかかってきた場合、 うまい切り返しで先手が十分戦えることがわかりました。

したがって、相手は新鬼殺しの角交換の誘いに乗らず、持久戦模様に進めてくるかもしれません。

その場合の先手の構想について次に解説します。

例として△6二銀(第1図)としてきた場合について説明します。

【第1図は8手目△6二銀まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=8 △6二銀まで

ノーマル石田流

第1図以下、普通に▲6六歩と角道を止めて石田流を目指す構想がまず1つです。

左銀を6七まで持ってきてから角を右に引いて、石田流を目指します。

後手が△7二飛から7筋を狙いにきた場合は、▲8八角!とこちらに引いて受け流すことができます。

角道オープン石田流

この構想がつまらない、という場合は、あくまでも角道を止めずに強く戦いましょう。 以下に一例ですが手順を示します。

第1図以下の指し手
▲4八玉  △4二玉
▲3八玉  (第2図)

【第2図は11手目▲3八玉まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v王 ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=11 ▲3八玉まで

角道を止めずに玉を囲いに行きます。

▲4八玉のとき△7七角成からの速攻は、 前項までとほとんど同じ筋で反撃することができます。

▲3八玉まで移動してしまえば、2七の地点の隙がなくなり、一安心です(角交換から△7六角の筋も大丈夫です。手順は割愛します)。

第2図以下は、一例として以下の手順が挙げられます。

第2図以下の指し手
      △3二玉
▲2八玉  △7七角成
▲同 桂  △2二銀
▲8八飛  (第3図)

【第3図は17手目▲8八飛まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 王 ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=17 ▲8八飛まで

手順中、後手の角交換から△2二銀の意味は、先手の▲5五角からの反撃を防ぐためのもの。

△3二玉まで移動したためにできる(2二の銀にひもが付く)手順です。

第3図まで進むと、▲8八飛のおかげで先手陣には全く隙がなくなり、 逆に8筋逆襲のチャンスもうかがえます。

ここからの展開は多岐に渡り、解説しきれませんので、終わりにしたいと思います。

 

以上で、第2節 4手目△8五歩の変化の解説を終わります。

続く第3節では、初手から▲7八飛△8四歩▲7六歩に対して 第3節 4手目△3四歩の変化について解説します。

www.thirdfilerook.jp