石田流の基礎知識 升田式石田流とは

シェアする

f:id:Fireworks:20170917063833p:plain

角交換型の石田流

「升田式石田流」は、その名の通り升田幸三実力制第4代名人が編み出した攻めの布陣です。

升田式石田流の駒組みの特徴として、下記が挙げられます。(石田流側を先手としています)

  • 角交換型
  • ▲6六歩はできるだけ保留
  • ▲7八金型

一番の特徴は、「角交換型」という点でしょう。

角交換がないと升田式石田流ではない、と言っても過言ではありません。

居飛車側からの角交換を誘うため、▲6六歩はできるだけ保留します。

ちなみに自分から角交換をすると一手損になってしまうので、あまりおすすめできません。

もし居飛車側が角交換をしてこなければ、▲7六飛のあと角道を止めて「石田流本組み」にスイッチすることもできます。

続いて、角交換をして浮き飛車にすると、必然的に左辺下部が薄くなり角打ちに非常に弱くなるため、バランス重視で▲7八金型をとることになります。

参考手順

参考手順は以下の通りです。

初手からの指し手
▲7六歩  △3四歩
▲7五歩  △8四歩
▲7八飛  △8五歩
▲4八玉  △6二銀
▲3八玉  △4二玉
▲7六飛  (第1図)

【第1図は11手目▲7六飛まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v王 ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=11 ▲7六飛まで

手順中△6二銀に対し▲7四歩と突く手が見えます。

これが「早石田」という奇襲戦法です。

奇襲戦法の書籍だと、ここで△7四同歩と取ってくれるので先手も十分に戦えますが、 実際には手厚く△7二金!(失敗図)で受け止められてしまいますので注意。

「新・石田流(7手目▲7四歩)」の変化と違い、金銀2枚で7三の地点が守られているため、攻め切れません。

【失敗図は10手目△7二金まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛v金v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ 王 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=10 △7二金まで

浮き飛車にしたあと

第1図以下の指し手
      △8八角成
▲同 銀  △6四歩
▲2八玉  △6三銀
▲3八銀  △3二玉
▲7八金  (第2図)

【第2図は19手目▲7八金まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v王 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=19 ▲7八金まで

第2図がオーソドックスな一例です。

なお△8八角成のところ角交換を保留してくるならば、▲6六歩から石田流本組みを目指すこともできます。

▲7八金以下の駒組み

第2図以下、先手は7七銀型(第3図)か、7七桂+5七銀型か、または7七桂+6七銀型とするのが一般的です。

【第3図は23手目▲7七銀まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v王 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=23 ▲7七銀まで

7七銀型は、8筋から逆襲を狙っていく積極的な手。

▲6六銀〜▲5五銀や▲6六銀〜▲5六歩〜▲5五歩から中央志向で戦うこともできます。

2017年時点で最有力とされています。

後者2つは手詰まりになりやすいと言われていますが、バランスの取れた美しい布陣にできますし、じっくりとした戦いが好きな方にお勧めです。

7七桂型の場合、左銀は8八〜7九〜6八のルートで中央に移動させます。

関連棋書

「これだけで勝てる 石田流のコツ」の第3章「対急戦編」で、升田式石田流の戦い方が詳しく解説されています。