猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その2

シェアする

△4五角対策

前回の続きです。

www.thirdfilerook.jp

前回の第1図から△7七角成▲同桂△4五角(第1図)と進んだ変化について解説します。

【第1図は10手目△4五角まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=10 △4五角まで

角成りが受からず先手が悪いように見えますが、新鬼殺し戦法のおそるべきカウンターがここでも炸裂します。

第1図以下の指し手
▲6五桂  △6七角成
▲7四歩  △同 歩
▲5五角  (第2図)

【第2図は15手目▲5五角まで】
後手の持駒:歩二 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 桂 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v馬 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=15 ▲5五角まで

強気に▲6五桂が最善。

「両取り逃げるべからず」を実践したとも言えます。

2七はソッポなので△6七角成ですが、進んで▲5五角が鋭い一手。

先手としては飛車を取られても恐くはありません。

焦点のたたき

第2図から、後手も飛車を逃げずに△2二銀と香取りを受けますが・・・

第2図以下の指し手
      △2二銀
▲7四飛  △3三銀
▲6二歩! (第3図)

【第3図は19手目▲6二歩まで】
後手の持駒:歩二 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 桂 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v馬 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=19 ▲6二歩まで

と進んで先手大優勢。

△6七角成で6筋の歩が切れたために、急所のたたきが生じたのです。

後手は6二の歩をどれで取っても悪くなります。△同玉には▲7三桂成です。

 

次回に続きます。

www.thirdfilerook.jp