猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その1

シェアする

f:id:Fireworks:20170818061431j:plain

この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。

対 4手目△8五歩

前回の続きです。

www.thirdfilerook.jp

第2章の第2節では、初手から▲7八飛△8四歩▲7六歩に対して4手目①△8五歩の変化について解説します。

これに対してはさすがに▲7七角とするしかありません。

例えば▲7五歩では、△8六歩▲同歩△同飛とされて飛車成り確定(以下▲7七飛にはもちろん△8七歩)。

後手の角筋が開いていないので暴れることができません。

【2017年9月追記】驚愕の▲7七飛戦法

定跡は進歩しました(もはやなんでもあり?)。

まさか▲7七飛?!(参考図)なんて手があろうとは。

【参考図は5手目▲7七飛まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 飛 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=5 ▲7七飛まで

「▲7七飛戦法(無理やり石田流)」と呼ばれており、NHK将棋講座や将棋世界でも取り上げられている有名な戦法ですが、2005年当時は誰一人として気付いていませんでした。

猫だまし戦法講座では、この▲7七飛戦法について、今からあえて追記することはせず、先を急ぎます。

どんな戦法か知りたい方は、例えば下記サイトを参照ください。

4ken.matrix.jp

(追記ここまで)

新鬼殺し戦法

さて▲7七角以下△3四歩以外の手なら、▲4八玉から玉を囲いに行くのが「猫だまし」 らしい展開です(もちろん▲6六歩でも構いません)。

「猫だまし」の特徴は、角道を通したまま戦える点です。

 

▲7七角以下△3四歩に対しては、▲6六歩から普通の三間飛車にすることもできますが、ここでも▲7五歩(第1図)と角道を通したまま戦うこともできます。

【第1図は7手目▲7五歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=7 ▲7五歩まで

これは「新鬼殺し」と呼ばれる米長邦雄永世棋聖が考案した戦法で、プロの実戦でも現れています。

まず第1図から△7七角成▲同桂!(▲同飛はダメ)△8六歩とする変化について解説します。

第1図以下の指し手
      △7七角成
▲同 桂  △8六歩
▲同 歩  △同 飛
▲7四歩! (第2図)

【第2図は13手目▲7四歩まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ 桂 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=13 ▲7四歩まで

石田流おなじみの切り返し▲7四歩

簡単に飛車先を突破されてしまったようですが、▲7四歩がうまい切り返し。

△同歩は▲9五角(王手飛車)があるので、受けの△6二銀か、攻め合いの△8九飛成くらいですが・・・まず△6二銀には。

第2図以下の指し手 その1
      △6二銀
▲7三歩成 △同 銀
▲6五桂  △6二銀
▲5三桂不成! (第3図)

【第3図は▲5三桂不成まで】
後手の持駒:角 歩二 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 桂v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩三 
手数=19 ▲5三桂不成まで

まで先手良し。

△5三同銀には前述の王手飛車があります。

 

続いて△8九飛成には。

第2図以下の指し手 その2
      △8九飛成
▲8八飛! △同 竜
▲同 銀  △8七歩
▲同 銀  △8九飛
▲7八銀  △9九飛成
▲7三歩成 △同 桂
▲5五角! △7二歩
▲1一角成 △3二銀
▲8九歩  (第4図)

【第4図は29手目▲8九歩まで】
後手の持駒:角 香 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v銀v金v王v金 ・v桂 馬|一
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ 桂 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
|v龍 歩 ・ 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 香 歩二 
手数=29 ▲8九歩まで

まで、手順が長くなってしまいましたが先手良し。

▲8八飛とぶつけて飛車をさばきにいくのが振り飛車の常套手段。

△9九竜は▲8一飛成で先手良しなので△同竜とし、再度竜を作りにきましたが、▲5五角が気持ちのよい一手。

△6二銀等では▲6五桂(竜当たりで後手は逃げる一手)のあと▲7三桂成が銀に当たっていて攻めが加速しています。

よって△7二歩ですが、普通に1一に角を成って先手優勢です。

 

次回に続きます。

www.thirdfilerook.jp