朝日杯将棋オープン戦 藤井聡太四段 対 猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)

シェアする

f:id:Fireworks:20170818061431j:plain

竹内四段、猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)を採用

第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選、竹雄悟四段 対 藤井聡太四段戦。

本局の棋譜と解説は、朝日杯将棋オープン中継サイトで観ることができます(2017年8月時点)。

www.asahi.com

公式戦3度目となる両者の対戦で、先手・竹内四段が猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)を採用しました。

そこから、猫だましらしい角道を止めない形のまま進んで第1図。

【第1図は9手目▲5八金まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v王 ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 銀 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=9 ▲5八金まで

ここで藤井四段が△7七角成と指し、以下角交換向かい飛車穴熊 対 左美濃の戦いとなりました(第2図)。

【第2図は28手目△2四歩まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v王v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ ・ ・ 金 ・ 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 王|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=28 △2四歩まで

藤井四段は、速い決戦が起こりうる居飛車VS振り飛車の対抗形では、この△3一玉型左美濃をよく用いる傾向があるように思います。

第2図以下、▲8六歩から開戦します。

端の攻防

飛車の交換と打ち合い、そして中央での攻防のあと、端の攻防に移ります。

【第3図は95手目▲1六歩まで】
後手の持駒:角 銀 歩五 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ 龍 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・v金|二
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 金v銀v王|三
| ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・v馬 ・ 歩 ・v香v歩|五
| ・v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ 桂 ・ 金 ・ 香|八
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 王|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 

手数=95 ▲1六歩まで

第3図以下、

       △1六同竜!
▲2八金打! △1八竜! 
▲同 金   △1六香 (図省略)

と進行。

力のこもった凄まじい応酬です。

最後の△1六香は先手の歩切れを突いています。

ここからさらに50手近く玉頭戦が続いたすえ、146手で藤井四段の勝ちとなりました。

個人的には、銀冠の端玉(本局では1三の位置)でのしのぎ方が非常に勉強になる一局でした。