VS▲4五歩超急戦・手順前後

シェアする

f:id:Fireworks:20170818060646p:plain

※この記事は、2003年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。

羽生四段の▲4五歩超急戦

1986年、▲羽生善治VS△小阪昇戦より(敬称・段位略)。

後手三間飛車に対する先手最速の仕掛け、▲4五歩超急戦(第1図)。

【第1図は29手目▲4五桂まで】
後手の持駒:歩三 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王 ・ ・v金v銀v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=29 ▲4五桂まで

正直、後手三間飛車を指していてこの仕掛けられ方はかなり嫌いです。

しかし24ではみな居飛車穴熊もしくは5七銀左・3七桂型急戦ばかりで、これをやられたことはないですが。

将棋倶楽部24万局集で検索をかけたところ、12局くらいヒット。

さて、定跡では、▲4五桂の前に▲3三角成△同銀をいれることになっています。

単に桂跳ねだとどうなるか。

第1図以下の指し手
△8八角成 ▲同 銀
△4六角  ▲2九飛
△3三桂! ▲4七金
△6四角  ▲3三桂成
△同 飛  ▲4六歩
△5三飛  (第2図)

【第2図は40手目△5三飛まで】
後手の持駒:桂 歩三 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v王 ・ ・v金v銀 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v飛 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・v角 ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 金 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 王 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 
手数=40 △5三桂まで

左桂のさばき

△3三桂がうまい切り返し。後手良し。左桂のさばきは振り飛車の生命線です。

この後、羽生先生の腕力を持ってしても逆転できなかったくらいなので、 プロ的には相当大差なのかも(笑。いや、失礼!)。

終局までの棋譜および詳しい解説は「将棋世界」2003年4月号に載っていますので、深く知りたい方はそちらをどうぞ。

また、この居飛車超急戦に対する後手の指し方の新手法が、「コーヤン流三間飛車の極意 急戦編」にも載っていますので、そちらも参考にしてみるとよいでしょう。