VS居飛穴&持久戦の基礎知識 居飛車穴熊とは

シェアする

f:id:Fireworks:20170813053836p:plain

※この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。

△4四銀型と△4三金型

三間飛車のみならず、すべての振り飛車の天敵、「居飛車穴熊」。

一般に、△4四歩を突くと△4三金型穴熊(第1図)となり、突かない場合は△4四銀型穴熊(第2図)となります(右銀が5三にいますが、この後4四に移動することが多いため便宜上△4四銀型と呼んでいます)。

     【第1図】
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v桂v玉|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀v香|二
| ・ ・ ・ ・v銀v金v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
     【第2図】
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v桂v玉|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v銀v香|二
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+

△4四銀型の右金の方が玉に近い位置にあるため、玉の固さは基本的に△4四銀型のほうが勝ります。

三間飛車は、四間飛車の「藤井システム」(詳しくは例えば「藤井システム - Wikipedia」「最強藤井システム」を参照下さい)のような強襲策を持たないため、居飛車側は相手の角筋に用心して△4四歩と突く必要性があまりありません。

そのため、居飛車側はほぼ△4四銀型のほうを目指してきます。

ただし、「4筋位取り美濃囲い」を嫌って△4四歩を突くケースはあります。

 

△4四銀型の完成形は、第2図のように2枚の金が3一・3二の位置にあり、玉の周りにぴったり張り付いた形。

最近ではここまでがっちり囲うケースは少なく、5一金・4一金型や、3二金・4一金(6一金)型で戦いが始まることが多いようです。

銀冠穴熊とビッグ4

ただし、三間飛車側も振り飛車穴熊を目指す「相穴熊」の戦型の場合は例外で、お互いに仕掛けづらく玉形の整備にとことん走り、 第3図(△2三銀型。銀冠穴熊とも呼ばれます)のようにさらに囲いが進展することがしばしばです。

     【第3図】
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v玉|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v金v香|二
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v角v銀 ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+

加えて、4四の銀が3三までくれば、第4図のように俗に「ビッグ4」と呼ばれる超堅陣となります。

手数がかかりすぎて、さすがにここまではなかなか組めませんが、居飛車穴熊の進展性の高さや優秀さを表しているといえるでしょう。

     【第4図】
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v玉|一
| ・ ・ ・ ・ ・v角v金v金v香|二
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v銀v銀 ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+