石田流

石田流の基礎知識 新・石田流とは

「新・石田流」とは、鈴木大介八段が考案した7手目▲7四歩(第1図)からの一連の新構想に付けられた呼び名です。「鈴木新手」や「鈴木流急戦」とも呼ばれます。新・石田流は、第32回(2005年)升田幸三賞に輝きました。第1図の7手目▲7四歩は、長い間(…

石田流の基礎知識 升田式石田流とは

角交換型の石田流 「升田式石田流」は、その名の通り升田幸三実力制第4代名人が編み出した攻めの布陣です。 升田式石田流の駒組みの特徴として、下記が挙げられます。(石田流側を先手としています) 角交換型 ▲6六歩はできるだけ保留 ▲7八金型 一番の特…

順位戦 戸辺七段、石田流穴熊を採用

先週行われた、第76期順位戦B級2組、野月浩貴八段 対 戸辺誠七段戦。本局の棋譜と解説は、将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます。先手・野月八段が3手目に▲9六歩と突き、序盤の駆け引きの結果、野月八段の居飛車+高美濃囲い 対 戸辺七段の石田流…

石田流の基礎知識 立石式石田流(立石流四間飛車)とは

立石式石田流(立石流四間飛車) 「立石式石田流」は、アマ強豪・立石勝己氏が編み出した石田流構想です。 この構想は、一般的には「立石流四間飛車」と呼ばれていますが、「真・石田伝説 (マイナビ将棋文庫)」 にて、「立石式石田流」と紹介されています。 …

叡王戦 杉本和陽四段、石田流と久保システムで連勝

第3期叡王戦、段位別予選の四段戦にて、杉本和陽四段が三間飛車を連続採用して連勝しました。 いずれも叡王戦のサイトで棋譜と動画を観ることができます。 www.eiou.jp VS 横山大樹アマ戦 横山アマ戦では、序盤の駆け引きのすえ、先手石田流に(第1図)。 …

将棋日本シリーズ 森内九段、後手番石田流で久保王将に勝利

2017年度棋譜中継(プロ) | 将棋日本シリーズ | JTウェブサイト タイトルは誤記ではありません。 序盤の駆け引きの結果、石田流を採用したのは、▲久保王将ではなく△森内九段です。 しかも、先日の藤井四段VS都成四段戦と同様、後手番石田流です。 【第1図…

藤井聡太四段、都成竜馬四段の石田流に敗北(非公式戦)

藤井四段、後手番石田流に破れる 先日行われた、「室田伊緒presents かすがいキッズ☆将棋フェスタ」で、藤井聡太四段と都成竜馬四段が非公式戦にて対局。 公式戦では3連敗中の都成四段が、後手番でまさかの石田流を採用(第1図)し、見事勝利しました。 【…

石田流の基礎知識 石田流本組み その2

※この記事は、2008年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 石田流本組みまでの手順 その1の続きです。 石田流本組みまでの手順の一例を紹介します。 【第1図は6手目△6二銀まで】 後手の持駒:なし 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +--------------------…

石田流の基礎知識 石田流本組み その1

※この記事は、2008年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 「石田流」とは 「石田流」とは、簡単に言ってしまえば▲7六飛型(後手番であれば△3四飛型)を目指す構想のことです。 石田流にまつわる話や背景については、例えば石田流 - Wikipediaを参照…