猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)のひとくちメモ

初手▲7八飛や2手目△3二飛で相手の意表を突くべし!

猫だまし戦法講座 第3章・第1節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 概要説明 その1

第3章と第4章では、2手目△3四歩(第1図)の展開について解説します。2手目△3四歩に対する3手目は、▲4八玉(第2図)の一手。▲7六歩では、△8八角成から△4五角がすこぶる厳しいためです。またそれ以外の手だと、△8四歩からの飛車先攻めに対して、…

猫だまし戦法講座 第2章・第3節 4手目△3四歩の変化

この第3節では、初手から▲7八飛△8四歩▲7六歩に対して 4手目△3四歩(第1図)の変化について解説します。とはいえ第1図を見ておわかりのように、初手から▲7六歩△8四歩▲7八飛△3四歩から始まるごく普通の三間飛車のスタート局面と同じです。ここから…

猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その4

前回までの解説により、新鬼殺し戦法に対して後手が真っ先に攻めかかってきた場合、 うまい切り返しで先手が十分戦えることがわかりました。したがって、相手は新鬼殺しの角交換の誘いに乗らず、持久戦模様に進めてくるかもしれません。その場合の先手の構想…

猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その3

続いては、前々回の第1図から△7七角成▲同桂△5四角(第1図)と進んだ変化について解説します。前回と違って▲6五桂と跳ねることができません(角が利いている)が、先手には別の攻め筋が生じます。1図以下の指し手▲5五角△2二銀▲8五桂!(第2図)意表…

【目次】猫だまし(初手▲7八飛)戦法講座

このページは、猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)講座の全記事へのリンクを一覧表示した、目次ページです。 この目次へは、PCブラウザなどの大画面ではサイドバー、スマートフォンなどの小画面では画面下の方にあるリンクから、いつでもアクセスすることがで…

猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その2

前回の第1図から△7七角成▲同桂△4五角と進んだ変化について解説します。角成りが受からず先手が悪いように見えますが、新鬼殺し戦法のおそるべきカウンターがここでも炸裂します。第1図以下の指し手▲6五桂△6七角成▲7四歩△同歩▲5五角(第2図)強気に▲…

猫だまし戦法講座 第2章・第2節 4手目△8五歩の変化 その1

この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 対 4手目△8五歩 前回の続きです。 www.thirdfilerook.jp 第2章の第2節では、初手から▲7八飛△8四歩▲7六歩に対して4手目①△8五歩の変化について解説します。 これに対してはさすがに▲7七…

第67期王将戦 菅井王位、タイトル獲得後の初戦で2手目△3二飛戦法

若手屈指の好カード 第67期王将戦2次予選、斎藤慎太郎七段 対 菅井竜也王位戦。 菅井王位が、タイトル獲得後の初戦で、後手番猫だまし戦法(2手目△3二飛戦法)を採用しました(第1図)。 【第1図は2手目△3二飛まで】 後手の持駒:なし 9 8 7 6 5 …

朝日杯将棋オープン戦 藤井聡太四段 対 猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)

竹内四段、猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)を採用 第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選、竹雄悟四段 対 藤井聡太四段戦。 本局の棋譜と解説は、朝日杯将棋オープン中継サイトで観ることができます(2017年8月時点)。 www.asahi.com 公式戦3度目となる両者…

猫だまし戦法講座 第2章・第1節 対2手目△8四歩 概要説明

この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 対2手目△8四歩 前回の続きです。 www.thirdfilerook.jp 第2章では、初手▲7八飛に対し、2手目△8四歩(第1図)としてきた展開について説明します。 【第1図は2手目△8四歩まで】 後手の持…

猫だまし戦法講座 第1章・第3節 戦法フローチャート

※この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 猫だまし戦法フローチャート 前回の続きです。 www.thirdfilerook.jp 猫だまし戦法のフローチャートを紹介します。 序盤数手の展開ごとに、3つに分かれています。 戦法フローチャート その1 …

猫だまし戦法講座 第1章・第2節 実戦例

※この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 実戦例 前回の続きです。 www.thirdfilerook.jp 今回は、「猫だまし戦法」の実戦例を紹介します。 驚くべきことに、 初手▲7八飛はプロの実戦でも存在します。 この事実が、 この戦法がプロ間…

猫だまし(初手▲7八飛)戦法講座 第1章・第1節 猫だまし戦法とは?

※この記事は、2005年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。 初手▲7八飛戦法や2手目△3二飛戦法が当たり前となっている2017年現在、本講座に記載の内容には、今の認識とは異なる点がいくつもあります。 どこまで修正すべきかとても迷いましたが、検討の…